ニナタブ

中華タブレットやノートパソコンの紹介レビューサイト

中華タブレット

Xiaomi製品の国内正規代理店が決定

投稿日:

Xiaomiの日本正規代理店が TJC株式会社 に決定しました。

正規代理店に決定したということで今後、国内でも普通にXiaomiの端末が購入できることになりそうです。

これは日本から見るとHuaweiやASUSと同じような立ち位置となったわけであり、中華タブレットメーカーとして扱うのは前の記事で紹介した「Xiaomi Mi Pad3」が最後となりそうです。

TJC株式会社

-中華タブレット
-

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

CUBE i35 – KabyLakeのCPUにSurface Bookの液晶搭載!

こんにちは、べっきー(@kyapeer)です。中華タブレットメーカーCUBEから「SurfaceBook」の液晶を搭載した13.5インチラップブックの情報が飛び出しました。 CUBEは非常に質の良い端 …

Chuwi Hi13 – ついにプレセール開始!所感を添えて。

ついにプレセールが始まりました。 さて、非常に魅力的ともいえる本機種ですが個人的に良いな。と思った点と逆にここはちょっと……という点がありましたので紹介したいと思います。 目次1 スタイラスペンが張り …

HUAWEI BOOK ONE – MWC2017速報 ポルシェデザインからハイスペックな2in1ノートパソコン登場

MWC2017でHuaweiは28万円近くする2in1ノートパソコンを発表しました!

Cube Mix Plus – ドライバーバックアップ

Cube Mix Plusのドライバーバックアップをアップロードしました。

Cube Mix Plus – 使えるデジタイザペン4種類レビュー

当ブログで度々取り上げている「Cube Mix Plus」で使用することができるデジタイザペンの紹介、書き味の感想をお伝えします。