ニナタブ

中華タブレットやノートパソコンの紹介レビューサイト

中華タブレット

Xiaomi MiPad 3 – ついに明日から販売開始…!

投稿日:

Xiaomiは自社の創立記念イベントで「Xiaomi Mi Pad3」の発表を行いました。気になるWindows版は…?

以前の記事で紹介していたものとスペックに変更はありませんが、Windowsがインストールされた「Xiaomi Mi Pad3 Pro」については言及がなかったようです。
「Xiaomi Mi Pad3」に関してはXiaomiの公式サイトで詳細な情報について確認することができますがこちらでも簡単に説明しておきます。

Xiaomi公式サイトの MiPad3 商品ページはこちら

スペック紹介

OS MIUI 8(Androidベースの独自OS)
CPU MediaTek 「MT8176」
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 7.9 インチ 2,048 x 1,536 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ
バッテリー 6,190mAh (連続駆動時間は 12 時間)
ネットワーク Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2
サイズ 200.4mm×132.6mm×6.95mm 厚さ6.95mm
重量 328g
ポート Type-C

Mi Pad2からCPUの変更と全体的なスペックアップが行われています。

気になるCPUですが新たに採用されたMediaTek のタブレット向け「MT8176」はASUSのZenPad3s 10で採用されているものと同じとなり、評判が良いものとなっています。
デレステやその他本格的な3Dゲームも快適に動くスペックです。

また、Mi Pad2と比べると 6g ほど重くなっています。これはバッテリー容量が増え連続稼働時間が12時間に伸びていることが要因かと思われます。
1kg前後で凌ぎを削るノートパソコンや大型タブレットとは違い、8インチ前後の本機種では少しの重さよりもこのようにユーザ視点で痒い所に手が届くようなアップデートは嬉しいですね。OSはXiaomiおなじみの独自のものとなっており、新しく画面を白黒にするモードが実装されたとのことです。このモードを使うことで新聞や書籍などをより見やすくすることができます。これらの情報からコンテンツ消化を目的としたタブレット購入であれば、国内販売のものと比べても断然コチラが買い!と言えるでしょう。

購入方法は?

価格は250ドルで4月6日の深夜12時より販売開始とのことです。Xiaomi公式ショップや通販サイトで購入できるようですが日本から利用できる通販サイトで同時に購入できるかは未確認です。

ところでWindows版は?

さて、以前の記事で「Xiaomi Mi Pad3 Pro」として紹介していたXiaomiの新型9.7インチWindowsタブレットですが
特に発表は何もなかったようです。ただ、この件に関しては少し思うところがありますので別記事として皆様にお伝えするつもりです。

-中華タブレット
-, , , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

Xiaomi 次のWindowsタブレットはSnapdragon 835 搭載か?

さて、Xiaomiの新型タブレット「Xiaomi Mi Pad3」が発売されましたが前バージョンであるMi Pad2にあったWindows版は今回なくなってしまっています。

Chuwi Hi13 – ついにプレセール開始!所感を添えて。

ついにプレセールが始まりました。 さて、非常に魅力的ともいえる本機種ですが個人的に良いな。と思った点と逆にここはちょっと……という点がありましたので紹介したいと思います。 目次1 スタイラスペンが張り …

Chuwi Hi13 – プロモーションサイトオープン!Hi13を3名に無料プレゼント!

CHUWIが気合の入った「CHUWI Hi13」のプロモーションサイトをオープンしました。 キャンペーンとして3名にHi13がプレゼントされます!

FNF iFive Mini 4G – 7.85インチiPadクローンでCPU10コアの4G・LTE対応SIMフリータブレット登場

CPUが10コア、4G・LTE対応のsimフリータブレットが登場。AndroidはやっぱりARMのCPUが一番!

Cube Mix Plus – 使えるデジタイザペン4種類レビュー

当ブログで度々取り上げている「Cube Mix Plus」で使用することができるデジタイザペンの紹介、書き味の感想をお伝えします。