ニナタブ

中華タブレットやノートパソコンの紹介レビューサイト

中華タブレット

Xiaomi 次のWindowsタブレットはSnapdragon 835 搭載か?

投稿日:

さて、Xiaomiの新型タブレット「Xiaomi Mi Pad3」が発売されましたが前バージョンであるMi Pad2にあったWindows版は今回なくなってしまっています。

前情報ではAtom Z8750を搭載したWindows版(Mi Pad3 Pro)が登場するという噂もありました。

Mi Pad2ではAndroid搭載版よりもWindows搭載版の方が人気があったように見えますが、なぜ今回消えたのでしょうか。

最近のニュースを見ているとXiaomiがSnapdragon 835搭載のWindowsタブレットを作っているのではないかという考えに至りましたので皆さんにご紹介していきたいと思います。
なお、各ニュースは正しい情報だと思われますがXiaomiの新端末に関するものについては憶測になります。ご了承ください、

Snapdragon 835とARM版Windows 10でPC業界を改革

こちらのニュースは皆様もご存知かと思いますがSnapdragon 835がフルバージョンのWindowsをサポートするというものです。
以前、Surface RTに搭載されていたARM版Windowsとは異なりWin32アプリを実行可能ということでこの記事ではPhotoshopを稼働させていデモが書かれています。

Windows 10搭載8.2型クラムシェル「KS-PRO」~Snapdragon 835を搭載。

こちらは最近の記事となります。Snapdragon 835搭載のUMPCを紹介しているものです。
非常に魅力的な製品なのですが、製造するメーカーは過去に他の製品を作った実績などもなく、供給が不足するといわれているSnapdragon 835をどう調達するのかという点が疑問視されています。
どうやら元Microsoftの社員が在籍している(1人?)ようなのでまったく期待できないというわけでもなさそうですが。
また、これはクラウドファンディングのものなので確実に発売されるわけではありません。

ASUS、次期ZenfoneはQualcommからMediaTek製SoCに乗り換える可能性
〜Snapdragon 835の供給体制への不満が原因か

そしてこの記事です。QualcommはSnapdragon 835の供給を少なくともASUSよりXiaomiに優先的に行うというものになります。先日、日本での正規販売も決定したXiaomiですがそれでもすでに日本国内でも多くのシェアを持つASUSより優先されるというニュースには驚きました。

Microsoft、XiaomiのAndroid端末に「Windows 10」ROM提供へ

記事が少し古くなりますが、MicrosoftがXiaomiと提携を行い、モバイル向けのWindows10を提供するという話です。
MicrosoftはXiaomiに1500件の技術特許を売却したという話からも分かるようにMicrosoftはモバイルの領域へXiaomiと協力して進出していこうと流れが見えます。

まとめ

さて、ここまで4つのニュースを紹介させていただきました。
  • Snapdragon 835ではWindows10のサポートをする。
  • Snapdragon 835搭載Windows機のクラウドファンディング
  • Snapdragon 835の供給はXiaomiに優先的にされる。
  • MicrosoftとXiaomiのつながり
  • そして消えたWindows版 Mi Pad
これらを読んでみるとなんとなくXiaomiが次のWindows搭載タブレットにSnapdragon 835を搭載するという話が思い浮かんではきませんか?

「Xiaomi Mi Pad3」は事前の情報ではCore m3 7Y30を搭載するというウワサがあり、実際Gearbestで商品のページまで作成されていました。
Gearbestはある程度信頼できる情報がありこのページを作ったはずです。また、以前当ブログでも紹介していますがAtom Z8750を搭載したバージョンのウワサもありました。

これらの情報がまったくのガセでないのであれば直前までWindows版の用意をしていたがなんらかの要因のより先に延ばすことになったと考えるのが妥当ではないでしょうか。

また、Microsoftは自社のハードとしてSurface、Surface Pro、Surface bookを持っていますがXiaomiのMi Padシリーズはこのどれとも競合しません。

もしかするとASUSよりもXiaomiにSnapdragon 835を優先的に供給されることになった要因の一つにはこれがあったのかもしれませんね。
ASUSの場合ですとSurfaceクローンの端末があるのでそちらで先にSnapdragon 835搭載端末を出されることはあまり嬉しくなさそうです。

-中華タブレット
-, , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

no image

Chuwi Hi13 – SurfaceBookに対抗!CHUWIの最新タブレットが20日に登場!

こんにちは、べっきー(@kyapeer)です。3日後の2月20日に中華タブレットメーカーCHUWIから「SurfaceBook」に対抗した13.5インチタブレットが発売されます! CHUWIは中華タブ …

Xiaomi製品の国内正規代理店が決定

お客様と中国の開発/製造拠点の橋渡し・TJC株式会社 via kwout Xiaomiの日本正規代理店が TJC株式会社 に決定しました。

Cube Mix Plus – CoreM&SSD搭載ハイスペック10.6インチタブレット

2016年の中華タブレット最高傑作といえば間違いなくこの「Cube Mix Plus」である。

Xiaomi MiPad 3 – 最新情報!CPUはCoreMじゃない?!

中華タブレット情報を扱うニュースサイト「IGeekPhone」はXiaomiの人気モデルMiPadの新バージョン MiPad 3 の最新情報を掲載しました。

Cube Mix Plus – 2ヵ月使ってみた感想(実機レビュー)

「Cube Mix Plus」は購入してから2ヵ月間ほぼ毎日持ち運ぶ相棒となりました。